宮崎太陽農園

会社案内

ホーム > 会社案内

宮崎太陽農園のご紹介

宮崎太陽農園
IT企業と農園のコラボ

宮崎太陽農園は、東京のIT企業「(株)シーイーシー」とトマト生産の「奥松農園」が共同出資し、宮崎県・宮崎市の協力を得て、 2009年9月に設立した農業生産法人です。シーイーシーが持つIT技術と、奥松農園が持つ施設園芸の経験・ノウハウを融合させることで、先進的な大規模トマト農園経営を目指します。


宮崎太陽農園
宮崎県のビジネスモデルとして

宮崎県の「宮崎発・大地を活かす農商工連携ビジネスモデル創出事業」第一号となるなど、県や市の大きな支援と期待を受け、2010年4月より本格稼動し、今期作付け5期目を迎えております。


宮崎太陽農園
笑顔あふれる農園

農業歴35年・トマト歴12年を持ち、県の施設園芸・水稲の顔でもある、奥松代表のもとでミニトマト栽培の基礎を学び、4期目からは青戸農園長を中心に、若い力で農園を運営しております。


会社概要

名称 農業生産法人(株)宮崎太陽農園
所在地 〒880-0125 宮崎県宮崎市広原543-1(地図
栽培内容 ミニトマトの栽培
敷地面積 3.7ha(農場2.8ha)
(ビニールハウス110ハウス、16棟、選果場、堆肥製造施設など)
代表者 奥松健二(有限会社奥松農園 代表)
出資先(株式49%) 株式会社シーイーシー
農園長 青戸学(当農園 責任者)
設立 平成21年9月1日
総工費 443,383,500円
生産量 年間約200〜250トン
ページの先頭