宮崎太陽農園

陽のめぐみ

ホーム陽のめぐみ > 2019年04月の記事
2019/04/04
こんにちは、青戸です。

今回は、当園のトマトをさらに美味しく、そして長期保存もできちゃう調理方法のお話です。

皆さん、ドライトマトって食べたことありますか?
どんなイメージですか?
甘いお菓子?ティータイムのお供?お酒のおつまみ?
色々ありますが、結構簡単に自宅でも作れます。
しかもドライトマトにすると日持ちもよくなり旨味も増し、
そのまま食べるより栄養も豊富になります。
すんばらしい!

今日は調味料として活用できる [ドライトマトのオイル漬け] を紹介しますので必見です。

%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%9E%E3%83%88.%E3%82%A2%E3%83%92%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A7-01_01.png
まずドライトマトを作ります。
まずは、ミニトマトのヘタを取り、縦半分にカットします。
次に断面に多めの粗塩を振ります。
続けて、クッキングシートをひいたバットの上に、
断面が上向きでカットしたトマトを並べます。
※ここでのポイントはトマト同士がくっつかない事です。

オーブンを100℃~110での低温に温め、
3時間しっかりじっくり焼いてください
(小さめのトマトでしたら、2時間半ぐらい)
さてさてここまで来たらつまみ食いをしてみてください。
しっかり乾燥していたら出来上がり!

とっても美味しく出来ているはずです。
これだけでも十分ワインのお供になります、、、
が!!!がですよ、焦る気持ちは分かりますがもうひと頑張りしましょう!
ここから更にもう一手間加えてみましょう。

(ちなみに、出来上がったドライトマトを甘いシロップに漬けておくと、
なじみ深い、お菓子のドライトマトになります。)

まずは小さめのフライパンに、上記のドライトマトと
%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%9E%E3%83%88-02-01.png
トマトが浸るぐらいの量のオリーブオイルを入れてください。

そこにニンニクのみじん切りを適量、
(私はニンニクが大好物なのでひと塊以上入れます)とハーブ
(私はローズマリー5㎝とタイム5㎝ぐらいを入れています、バジルなどもよいですね)
を入れてから、弱火で20分ほど過熱してください。
(材料をすべて入れてから火をつけてください)

粗熱が取れたら、熱湯消毒をした密閉容器に入れて常温で
保存してください。
(冷蔵庫に入れると油が固まってしまうことがあります)

ちなみに、出来上がったドライトマトを
甘いシロップに漬けておくと、なじみ深い、
お菓子のドライトマトになります。

もう今はやりのインスタバエ~です。

あとは、くつろげる場所で足を延ばし、存分に当園のトマトを堪能してください。

至福のひと時を保証します。
< 前へ || 1 || 次へ >
カレンダー
<前月  2019年04月  翌月>
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
 
 
ページの先頭