宮崎太陽農園

陽のめぐみ

ホーム > 陽のめぐみ
2013/07/24
  『雨』

この季節、必ずと言っていいほど水不足が問題になります。
今から数十年前のお話、小学生の頃、歴史的な水不足になったことがあります。
たまたまそんな中、一泊の合宿形式である大会に参加しました。

宿泊した旅館での夕時、みんなでお風呂をいただくことになり、
わたくしも含めて数名でぞろぞろと浴場へ向かいました。
そんなに大きくない浴場の中に貼り紙がありました。
「水不足につき、水は使用しないでください」

おい~っ!お風呂で水使えなくて何するんぢゃ~!
わたくしたちは小学生ですので、これだけでも大事件です。
結局、浴槽に5cmほど貯めてあったぬるいお湯でチャプチャプして、
みんなでゲラゲラ笑いながら出ました。サッパリしました。

皆様いかがお過ごしでしょうか。禅でございます。

本日のお題は『雨』です。

皆さんは映画はご覧になりますか?
わたくしも偏ってはいますがよく観るほうだと思います。

映画に『雨』は欠かせないアイテムなんですね。
世界の黒澤明監督のほとんどの作品でも『雨』が効果的に使われていますね。
心情的な移り変わりだとか、状況の変化を表現するのに必須なのだと思います。
だいたいの名作と呼ばれる作品には『雨』が降ります。
その作品でかなり大事な場面で降ると思います。

映画の中の『雨』の持つ意味を考えてみると、
哀しさ、寂しさ、激しさ、静けさ、優しさなど、
人の心の内部にフォーカスを当て強調するような効果があるのではないでしょうか。

また、それがあってこそ『雨』上がりの青い空が尚一層晴れやかに感じますしね。
『雨』のち晴れって心地よいですもんね。
まるで嫌な事や悩み事なども全部『雨』が洗い流してくれたように爽やかな気分になります。

映画ではなく、日常の平穏を壊すような驚異的な豪雨などは不要ですね。
ニュースを観るたびに心が痛みます。
人の心って、天候に多大な影響を受けてるんですね。

わたくしは好きな映画は何回も何回も繰り返し観ます。
ただし、ハッピーエンドの映画だけです。
ハッピーエンドの映画は、何回観てもハッピーにエンドするので飽きません。

雨.jpg

皆さんの人生がハッピーであるよう願う今日この頃でございます。


  禅
2013/07/23
2013年7月23日(火)天気 晴れ

お久しぶりでございます。【楽】です。

現在、全圃場の収穫が終了し、次のシーズンに向けて準備中の段階です。
ここまで晴天が続くと、猛暑を上回る「獄暑(ごくしょ)」ですね。
(※勝手に命名しました。地獄のような暑さという意味です)

そんな中、農園は新しいシーズンに向けて、ミニトマトの定植が始まりました!

%E5%AE%9A%E6%A4%8D%E2%84%9614-6.jpg

今年は天候に恵まれたおかげでしょうか(?)、昨年より濃緑色で素晴らしい苗です。
とはいえ、赤ちゃん苗ですから、暑い日中は遮光ネットで木陰を作ってやり、
たっぷりの水を与えてと、暑さ対策は可能な限りすべてやっております。
こんな過酷な環境下で作業している皆さんの気力・体力にはホント脱帽です^^;

そして昨日は、今期の報告会&次期のキックオフミーティングを行いました。
今シーズンの振返りと、来シーズンの目標を確認し、

%E3%82%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%AA%E3%83%95%40%E5%A4%BE%E7%AB%B9%E5%9C%92.jpg

真面目に話を聞いたあとは、
仲良く(弱肉強食だったかな?)焼肉を頂きました。

%E7%84%BC%E8%82%89.jpg

ご馳走様でした。(^人^)

ここで蓄えたパワーを来シーズンに発揮できるよう頑張ります!

【楽】
2013/07/05
  『癒』


先日いつもお願いしている美容院へ行ってきました。
この美容院、とても『癒』されるんです。
お店がとても柔らかいというか、ざわついてなくて、
ゆったりした時間が過ごせるんです。

これって、オーナーの人となりが反映されてるんですね。
口調もしぐさもいたって穏やかで、温かいお人柄が滲み出てらっしゃいます。

お店の名前は「シンセリティ」。誠実とか誠意という意味なんですね。
まさにそんな感じの素敵なお店です。

皆様いかがお過ごしでしょうか。禅でございます。

本日のお題は『癒』です。

『癒』とは、本来の意味は病気や傷が治ることをいうのですね。
最近では特に心の傷を『癒』すような時に使う事が多いようですね。
病気や傷とまではいかなくても、ホッとしたい時や喧噪を忘れたい時などにも
静かな場所やペットなど動物に心の『癒』を求めますよね。

人の心とはいとも簡単に傷ついてしまうんですね。
調子のいい時は多少のことでは傷つきません。
でも、いったん下降しはじめたらちょっとしたことで傷ついてしまいます。
そしてこういう時は何故か次から次へと傷つくような出来事が連鎖しがちですね。

普段なら遣り過ごせるような事でも心が弱ってますから
過剰に反応してしまうのかもしれません。
こういう状態の時は、何をやっても思い通りに行かないことが多いですし、
逆に傷口をひろげかねませんよね。
冷静で適格な判断ができない状態になっているせいかもしれませんね。

ですから、わたくしはこういうときは、あえて「静か」に過ごすように心がけています。
コップの中の濁った水から、砂や泥を掻き出そうと必死になっても、かき混ぜて余計に濁らせてしまいます。
静かに放っておけば、自然に砂や泥は下に落ち、綺麗な水だけ上になりますね。
綺麗になる時間は人それぞれ違うでしょうけど、いずれ間違いなく綺麗になりますもんね。

静かに過ごせる空間と時間、これがわたくしにとっての『癒』になります。
皆さんはどんな『癒』をお持ちでしょうか?

癒.jpg

回りの方々をほんわかさせられるよう、
いつも『癒』しのオーラを発する人間になりたいと思う今日この頃でございます。


  禅

2013/07/02
こんにちは。日々、何か楽しいことないかと考える凡人、【楽】です。

本日で宮崎県が梅雨入りをして36日目となります(今年の梅雨入りは5月27日)。
今シーズンは空梅雨だと言われていましたが、これでもか!というぐらいに
毎日毎日…雨が降り続いております。

梅雨の平均期間(予想)は、だいたい45日間。
そうすると、宮崎の梅雨明けは7月10日ごろでしょうか?


やはり雨続きで日照が少ないと、なんだか気持ちが盛り下がりますね。
そんな私の楽しみが、農園の片隅で育てているパッションフルーツの成長です。

r-%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%84%E9%96%8B%E8%8A%B1.jpg

梅雨入りの10日ほど前に開花した1番花を筆頭に、ぽこぽこと花をつけ、
今では1本の樹に15個も結実しております。
若干、実をつけすぎたかな・・?(果実サイズがばらばら)。
いっぱい食べたい!という欲が出てしまいました・・・


ま、結実したものは、大地の恵(雨)を存分に吸収し、47日目でこのような感じです。

r-%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%84%E9%96%8B%E8%8A%B147%E6%97%A5%E7%9B%AE.jpg

あとは色づくのを待つだけ。
このまま順調に育てば、7月15日ごろには収穫できる見込みです。
夏が来るのが楽しみだなー☆
2013/06/27
     『重』


前日の雨が嘘のように晴れた時、
「日頃の行いがいいからねっ!」

食堂で注文した焼き魚がなかなか来ない時、
「今から釣りに行ってるんじゃないの?」

お箸でつまんだ食べ物がポロっと落ちた時、
「おっ、生きてる!」

そんなあなた、心配無用です。いいんです、それで。
ご機嫌いかがでしょうか。禅でございます。

本日のお題は『重』でございます。

傷ついたり、腹を立てたり、悲しんだり、悩んだり。
普通にこういうことは誰にでもありますね。

「3歳の子の悩みも、60歳の老人の悩みも、本人の中でその『重』さは変わらない」
これはわたくしが尊敬するチャールズ・チャップリン氏がおっしゃった言葉だそうです。

よく「なんでそんな簡単なことで悩んでるの?」みたいなことありますよね。
でも、本人にとっては「そんな簡単なこと」ではないのですね。
人生を左右するような大問題に直面しているかもしれません。

少なくとも、その時点では『重』いその大問題も、
本人の勇気やがんばりで解決するかもしれませんし、
誰かの助けで解決するかもしれません。
時が解決してくれることだってあります。

そうやって『重』かったことが軽くなり、もう同じことが起こっても、
心の中の『重』さは初めての『重』さとは異なることに気づきます。
こういう経験が積み『重』なって成長していくのですね。

物事をすぐに『重』く受け止めてしまうと思われる方、
受け止めた時に心をフッと軽くしてあげればもっと楽かもしれませんね。
どうせいずれこの『重』さも軽くなり、消えてなくなるのだから、と。

好きで『重』くしている人はいないのですが、
ここは思い切って「忘れる努力」をするのがいいかもしれません。

遅かれ早かれ間違いなく人生の終焉は来ます。
心を『重』くしている暇はないですね。

イメージ.jpg

回りの人々と自分を喜ばせて生きていけたらと思う今日この頃でございます。


 禅
< 前へ || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 || 次へ >
ページの先頭